ポイントをおさえて高価買取を実現しよう

マンガやゲームソフト、CDにDVDなどなど、これらがたくさん家に溜まっているという人も多いのではないでしょうか。
新しい品が出るとついつい買ってしまうのが原因で、いつかは整理しなけりゃ…と思いながらも逆に増える一方…という人も少なくないに違いありませんよね。

いらないものは買い取ってもらおう

トレード
そんな場合は、買取業者に売ってしまうことをおすすめします。
ただし、それぞれ一つ一つの買取価格はさほどの金額ではなく、たとえばCDならシングルで1枚50〜100円、アルバムで100〜300円程度でしかありません。
けれども、まとまった数を売れば新しいCDを購入する資金の足しにもなります。
見ない、聞かない、使用しないソフトをそのまま置きっぱなしにしているより、多少の金額でも手に入るほうが有意義ですし部屋も片付くというものです。
マンガやゲームソフト、CD、DVDなどを買取してもらうときは、売って儲けようなどと考えるのではなく、部屋の掃除を兼ねてお小遣いをしようという感覚でいるほうが無難ですよ。

とはいえ、大切にしてきた品物を売るのだからなるべく高値で買取してもらいたいと思うのは当然です。
ここでは、少しでも査定が高くなるポイントを紹介しましょう。

付属品は必須

まずひとつ目が「付属品をなくさない」点です。
DCなら歌詞カードやジャケット、ゲームソフトなら説明書、DVDならパンフレットといった購入したときに付属していた品物があるかどうかによって買取価格は変動します。
1〜2割の減額から、ものによっては半分の査定額しかつかないこともあります。
特に「初回限定版」などに付いてくる特典の有無は査定額を大きく左右します。
箱やパッケージも査定ポイントのひとつで、なければ2〜3割程度のマイナスになるでしょう。

きれいなほうが高く売れる

クリーニング
ふたつ目は「きれいな状態で売る」という点です。
買取の際には、新品に近いほど高価買取が期待できます。
したがって、使用する時にはなるべく丁寧に扱い保管することが大切です。
マンガや本ならブックカバーをつけておくのもいい方法です。
そして、査定に出すときにはきれいに掃除をしてほこりや汚れをとっておくようにしましょう。

不要になったらすぐに売ろう

三つ目は「できるだけ早く売る」ことです。
マンガもゲームソフトもDCもDVDも、発売されてから日数が少ないほうが高く売れます。
レア物や数量限定などのいわゆる「プレミア」は別として、一般的には早ければ早いほど高値で買取してもらえます。
「売ろうかな、でもまた使うかも…」などと考えているのであれば、さっさと売ることをおすすめします。
迷っているような品物なら、二度と使わないでしょう。

とにかくまとめて売る

まとまったCD
四つ目に「まとめて売る」というのも大きなポイントです。
まとまった数になると査定額をアップしたり高価買取キャンペーンを行なう業者もあります。
1つや2つなど少ないアイテム数では却って買取をしてもらえないケースもあります。
特に、大きなネット買取店ではさまざまなアイテムやジャンルの品物を買取しています。
買取対象に入っていない品物でも、幅広い販路を利用して買取してくれる可能性も少なくありません。
マンガやゲームソフト、CDやDVDだけでなく、小説、さらには家電、ブランド品、貴金属、フィギュアなどなど、多岐に亘る品物を取り扱っている業者もたくさんあります。
売ろうと思っている品物以外にもそのお店で取り扱っているものがあれば、一緒にまとめて買取に出してみるのもいいでしょう。
部屋も片付き、一石二鳥になりますよ。

コマーシャル>>ミュージカル・舞台・2.5次元DVDの買取